タクシー資格取得で求人に応募しよう|ドライバーとして活躍

車

どこの地域にも需要がある

今どこに行ってもタクシーは必ずといって見かける乗り物です。ですが、これほど需要がある職業なのにタクシードライバーは不足しています。その為、人員不足を解消する為に求人条件が良くなっているところが多いので運転が好きな人は応募してみましょう。

必要な資格と会社の選び方

婦人

二種免許取得の補助も重視

お客を乗せて車両を運転し、目的地まで運ぶことで料金を受け取るタクシードライバーの仕事に就くには第二種運転免許、いわゆる二種免許が必要です。普通自動車免許だけでは、仕事に就けないことを知っておきましょう。また、東京の23区や他の一部エリアにあるタクシー会社で働く場合は、地理試験に合格しないといけません。そのため、就職に際してタクシー会社を選ぶときは、これらのタクシー資格の取得についても考慮した上で選ぶ必要があります。選別のポイントとして、まず二種免許については取得をサポートしてくれるタクシー会社が多く存在します。自動車の免許は、自動車教習所に通って取得したり、合宿免許を行っている山梨などの教習所を利用して短期間で取得するという選択肢もあります。時間とお金に余裕があるなら、ぜひ合宿免許の参加を検討してみてもいいかもしれません。しかし、少し触れた通り、運転免許の資格取得を支援してくれる会社があるため、求人情報やタクシー会社のホームページから二種免許取得のサポートがどうなっているか事前にリサーチしておくのが理想です。通常タクシー資格として必要とされる二種免許は普通二種免許と呼ばれる、普通自動車で営業を行うために必要な免許です。タクシー会社の多くは、この免許を取得するときに教習所に通学する際の費用や給料分の日当を代わりに支払ってくれる補助制度を用意しています。そのためタクシー会社に就職後に二種免許を取得したい場合は、タクシー資格取得のための補助制度が充実した会社を選ぶのも重要なポイントです。さらに東京などの一部の地域のタクシー会社への就職には、前述のように地理試験への合格がドライバーの条件に加わります。筆記試験で一定の点数以上を取る必要があり、事前対策が必須です。また個人タクシーとして事業を始める場合は、必要なタクシー資格として二種免許に加えて国土交通省からの許認可が求められます。申請には10年以上のタクシーなどの運転歴や年齢制限などの条件があるため、留意しておきます。

人気のタクシー会社

自分が希望するタクシー会社を見つけてから求人に応募するようにしましょう。特に人気を集めているタクシー会社が第一交通になっており、第一交通では二種免許費用負担や寮が完備されているため費用面での負担を大きく削減することができます。また、女性ドライバーも活躍しているので女性でも安心して働ける環境だと言えるでしょう。